blogブログ

blog

『ウッドショック』で思うこと(新築注文住宅)

今、建築業界では『ウッドショック』と呼ばれる木材不足が起こっています。
身近では、工事がなかなか進まないという声も聞こえます。

ウッドショックとは、新型コロナウィルスの影響により、世界的に木材需要が拡大したため輸入材が停滞し、国産材の供給も不安定になり、価格が高騰している状態のことです。

ご存知の方も多いと思いますが、日本は世界有数の森林国で、国土の3分の2(66%)が森林です。しかし、木材資源の7割を海外からの輸入に頼っているのが現状とおかしなことになっています。

元をたどると、戦後の国産材の価格高騰、木材の輸入解禁となったことから始まっており、長期にわたり木材を輸入材に頼ってきたことが現在の国産材の自給率の低さや林業の衰退につながっているのです。

このウッドショックは私たち建築に携わるものにいろいろ問われていると感じました。これを期に改めて、国産材を利用し、日本の森林を活かし、循環するサイクルが定着するよう、私たちにできることを模索していこうと思います。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

建築worksナベプロは”人生がより楽しく、より元気になるために” 【笑顔あふれる暮らし】を考えます。

LATEST BLOG

新着のブログ

安城市で新築注文住宅なら建築ワークスナベプロ

資料請求

PAGE TOP